スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)

 横浜市は23日、米軍が接収していた旧富岡倉庫地区(2・9ヘクタール、金沢区)の土壌から、基準を超える鉛が検出されたと発表した。同地区は、老朽化で立て替えが必要とされる市衛生研究所の移転先候補地に隣接する。市では「移転検討計画に今のところ影響はない」としている。

 同地区は昭和20年9月に接収され、昨年5月に米軍から返還された。財務省横浜財務事務所が、同10月から今年2月にかけて土壌の特定有害物の含有量や土壌ガスなどを調査していた。

 その結果、重金属の1つである鉛の含有量が、基準の1キロ当たり150ミリグラムに対し、多い所で510ミリグラムに達していた。

 市によると、同地区はフェンスで囲まれ、一般市民は立ち入れないため、影響はないとしている。今後、国で詳しく調査していく。

【関連記事】
子供250人に鉛汚染 中国湖南省
ニラの入った加工食品で9人中毒 農薬検出、中国・青島
札幌市、4館で確認漏れ 児童会館のトルエン問題
ごみ焼却施設から高濃度のガス検出
築地市場移転、土壌汚染問題 都「無害化実験、8割成功済み」

<郵便不正公判>大阪地検が窮地 供述内容覆り(毎日新聞)
<殺人>小3長男殺害の疑い 自首の母親逮捕、福島・郡山(毎日新聞)
朝鮮学校無償化、脱北者らが適用反対(産経新聞)
英会話学校のジオスが破産手続き(産経新聞)
<北名古屋市長選>長瀬氏が再選 愛知(毎日新聞)

大阪市の虐待通報、前年度比の1・5倍に 児相の人手不足深刻(産経新聞)

 幼い命が犠牲になる虐待事件が相次ぐ中、大阪市が平成21年度に受理した児童虐待の相談や通告件数が、前年度の約1・5倍に急増していたことが18日、関係者への取材で分かった。同市では昨年4月、西淀川区の小4女児が虐待死した事件を教訓に態勢を強化したものの、「市こども相談センター」(児相)では職員1組あたり100件以上の案件を抱え込む事態に陥っている。市は職員の増員を決めたが、他の自治体の児相でも同様に人手不足が深刻化している。

 大阪市では、小4女児が食事を満足に与えられず極度に衰弱し、母親と内縁の夫に自宅ベランダに遺棄され死亡した西淀川区の事件で、近隣住民や通学先の小学校が虐待を疑いながら、児相などに事前に情報が伝わらなかったことを反省し、児童虐待をめぐる通告や相談を24時間態勢で受け付ける「児童虐待ホットライン」を開設。21年9月から、非常勤嘱託職員7人が交代で対応している。

 同センターによると、ホットライン開設後、虐待が疑われる事案について、近隣住民からの通報は約3倍に急増。学校からの通報も増え、20年度は871件だった受理総数が、21年度は1330件にはね上がった。

 センターで虐待に対応する児童福祉司や看護師ら専任職員は11人で、他部署からの応援などを含めても20人程度。家庭訪問などは2〜3人で行うため、1組当たり100件以上を処理するというパンク状態に陥っている。このため市は、22年度中にセンターの担当職員を数人増やすことを決めた。

 大阪市だけでなく、この約1カ月間で5件の児童虐待事件が相次いだ大阪府内では、児相の人手不足が慢性化している。

 大阪市と同様に政令市のため自前の児相を持つ堺市では、20年度に523件の虐待相談を受理したのに対し、対応する専任職員はわずか7人。両市以外を管轄する府内6カ所の「子ども家庭センター」でも、20年度には225〜717件の案件を取り扱い、担当職員1組あたり75〜150件を抱えていたという。

 児童虐待の場合、安否確認や保護といった初期対応だけでなく、児童を家庭に戻す際などのアフターケアも必要で、個々の案件で相当な時間がかかる。府家庭支援課の松風勝代参事は「1つの案件が終わらないうちに次々と新しい虐待相談の対応に追われているのが現状」と打ち明ける。

 こうした状況について、関西学院大の才村純教授(児童福祉論)は「欧米では担当職員が取り扱う虐待案件は1人20件程度。日本も児童福祉司の配置基準を見直すなど、児相の人員を増やす方向性を打ち出しているが、現状では焼け石に水だ」と指摘。「全国的には、事務系職員ばかりで福祉の専門家がほとんど配置されていない児相もある。質量とも改善が必要」としている。

【関連記事】
女児を浴室に6時間監禁 福岡、夫も虐待の疑い
「男性のサポート絶対必要」「常軌逸した親、理解できぬ」…読者の反響続々
夫婦の不仲のつけを背負わされ… 奈良・桜井市男児餓死事件
堺の虐待死 逮捕男「何度も暴力をふるった」
堺の虐待死 受診3病院、疑い感じるも通告せず
外国人地方参政権問題に一石

普天間 徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)
市長不信任案を否決=阿久根市議会−鹿児島(時事通信)
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述−兵庫県警(時事通信)
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット(産経新聞)
美浜2号機、手動停止へ=ヨウ素濃度上昇−福井(時事通信)

スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か−成田空港(時事通信)

 18日午後2時10分ごろ、成田空港第1旅客ターミナルビル北ウイング1階にある荷さばき場で、ベルトコンベヤー上のスーツケースから出火、近くにいた職員が消火器などで消し止めた。積み替え作業中に充電式ヘアアイロンのスイッチが入り、過熱したことが原因とみられるという。
 千葉県警成田国際空港署などによると、スーツケース(縦約70センチ、横約60センチ、奥行き約20センチ)は、米ダラスから成田空港経由でバンコクに向かう米国人女性のもので、ナイロン製。中を調べたところ、充電式ヘアアイロンのスイッチが入っており、本体の一部が溶けていた。スーツケースの側面にも長さ約20センチ、幅約1センチの穴が開いていた。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
18日も16便欠航=火山噴火の影響続く
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に
欧州便、欠航続く=火山灰で航空各社
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響

まゆ剃りなど21人正座3時間、高校入学指導(読売新聞)
遣唐使船の遭難者ら初法要 海龍王寺、博多湾の海水を捧げ(産経新聞)
普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)
中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)
<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)

<月山スキー場>オープン 白一色、上部は積雪8メートル(毎日新聞)

 春と夏が滑走シーズンとなる山形県西川町の月山スキー場が10日、オープンした。青い空の下、スキーヤーやスノーボーダーが初滑りを楽しんだ。

 月山(標高1984メートル)中腹にある同スキー場は冬季、雪が多過ぎるため閉鎖され、毎年この時期から7月下旬まで営業する。今年の積雪量は例年より1メートルほど少ないものの、標高約1500メートルのゲレンデ上部はまだ8メートルもの雪が。山形市内はあと1週間で桜が見ごろを迎えるが、スキー場は白一色の別世界だ。

 この日午前10時には約800人が訪れ、同県酒田市の会社員、小田実さん(41)は「暖かい太陽の下で景色を見ながら滑れるのがここの醍醐味(だいごみ)」と話していた。【丸山博】

【関連ニュース】
帰りたい:私だけのふるさと 古川日出男さん 福島県郡山市
憂楽帳:安積開拓と立岩一郎
写真展:信太さんと塾生の作品、宇都宮できょうまで /栃木
スキー場:大山山ろく4スキー場、微増の14万5900人 目標には届かず /鳥取
九重森林公園スキー場:今季営業終了 「暖冬には勝てない」 /大分

<大麻栽培容疑>54歳父と20歳長女逮捕、自宅庭で 静岡(毎日新聞)
車41台、タイヤ100本以上に穴…金沢(読売新聞)
女子学生へのセクハラ  田勢早大教授が「解職」(J-CASTニュース)
医師会に配達の鉢植え出火、自然発火の可能性(読売新聞)
<試験>飼い猫の名前や車のナンバー出題 福岡の私立高教諭(毎日新聞)

<仮処分申し立て>「雇い止めは無効」元スケート五輪コーチ(毎日新聞)

 勤務先のスケート教室を雇い止めにされたのは無効として、インストラクターの坂田清治さん(62)=横浜市=が5日、教室を運営する財団法人「神奈川体育館」を相手に、雇用の確認を求める仮処分を横浜地裁に申し立てた。坂田さんは日本スケート連盟強化コーチや長野五輪の強化コーチなどを歴任。浅田真央選手や安藤美姫選手、キム・ヨナ選手の靴の刃を調整したことでも知られる。

 申立書などによると、坂田さんは85年8月から同体育館と1年ごとの雇用契約を締結し、教室のインストラクターとして勤務。毎年、契約を更新していた。しかしトリノで開催された世界選手権から帰国した直後の3月31日、体育館側から突然「契約締結の意思がない」として、雇い止めを一方的に通告されたとしている。体育館側からは、09年4月以降の契約期間を1年ではなく6カ月に短縮することなどを求められ、坂田さんは変更を求めていたという。

 同体育館は「コメントは差し控えたい」としている。【山田麻未】

【関連ニュース】
【写真特集】世界フィギュア:浅田真央が歓喜の逆転優勝 ヨナと最後の?対決制す
【写真特集】世界フィギュア:高橋大輔が悲願の金メダル 日本人男子で初
【バンクーバー五輪 女子フィギュアの詳報と写真グラフ】真央・美姫・明子舞った 完全詳報
【これは分かりやすいぞ】フィギュアスケートの世界の人脈図を読み解く
【写真特集】目指せソチ五輪:フィギュアスケート 次世代を担うスター

高速無料化案 8割が「公約違反だと思う」(産経新聞)
風で制帽飛び電車乗れず JR西車掌、タクシーで追いかけ14分遅れ(産経新聞)
市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」−地域主権戦略会議(時事通信)
ニコン、タッチシャッター搭載モデルなどコンデジ「COOLPIX」の一部を発売延期
【キブンの時代】第2部 危険はどこに(3)マスクに殺到、豚肉料理中止…(産経新聞)

空自の入札談合疑惑、防衛省に改善要求…公取委(読売新聞)

 航空自衛隊が発注する、基地などで使う事務用家具の入札談合疑惑で、公正取引委員会は30日、発注を担当していた空自第1補給処(千葉県)の担当課長らが官製談合を主導したとして、官製談合防止法に基づき防衛省に改善措置要求を行った。

 同省が同法に基づく改善要求を受けるのは初めて。

 また公取委は同日、事務用家具メーカーのイトーキ、内田洋行、プラス、ライオン事務器、岡村製作所の5社に対し、独占禁止法違反(不当な取引制限)で、排除措置命令と総額3億7516万円の課徴金納付を命じた。コクヨファニチャー(大阪市)も談合に加わったが、公取委の立ち入り検査前に自主申告したため、処分を免れた。

 公取委によると、空自第1補給処では2005年11月30日以降、全国の基地で使う事務用家具について、過去の受注実績や天下りOBの受け入れ状況に応じてメーカー6社の受注目標をあらかじめ決定。「この製品を調達したい」との意向を示し、入札でメーカーが指示通り落札していた。

介護報酬不正請求で宮城県が2事業所に行政処分(医療介護CBニュース)
<しばたはつみさん>死去57歳、歌手 「合鍵」などヒット(毎日新聞)
<普天間移設>「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新(毎日新聞)
在日保健師定年「悔いなし」…昇任に国籍の壁(読売新聞)
<東アジア戦略概観>駐留なき安全保障 防衛研が否定的見解(毎日新聞)

同居男児虐待、少年を逮捕=傷害容疑、暴行後死亡−大阪府警(時事通信)

 同居少女の長男(2)に暴行してけがを負わせたとして、大阪府警門真署は28日、傷害容疑で同府門真市に住む無職の少年(19)を逮捕した。同署によると「懐いてくれず、腹が立って殴った」と容疑を認めているという。
 長男は暴行後に死亡しており、同署は傷害致死の疑いもあるとみて、遺体を司法解剖して死因を調べる。
 逮捕容疑は3月中旬から下旬にかけ、同居している飲食店従業員の少女(19)宅で、少女の長男に殴るけるの暴行を繰り返し、顔や頭などに全身打撲のけがを負わせた疑い。 

【関連ニュース】
7都県で偽一万円札使用か=特徴似た151枚発見
児童虐待、過去最多の725件=09年の人権侵犯
北ガス、担当者2人に罰金刑=元支店長らは不起訴-14人死傷ガス漏れ・釧路簡裁
新たに男2人、容疑で逮捕=工事現場に男性遺体遺棄
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ

モンベル社カード情報流出 不正利用被害100人超(産経新聞)
<自民党>公明と溝、予算早期成立を許す 存在感示せず(毎日新聞)
小泉被告に死刑判決=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
<元次官宅連続襲撃>謝罪の意思みせず 傍聴席むなしく(毎日新聞)
ショートステイの取り組み事例で意見交換―東社協(医療介護CBニュース)

桜 大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)

 大阪管区気象台は21日、大阪市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。昨年より3日、平年より9日早く、観測史上2番目の早さ。1週間ほどで満開を迎えるという。大阪市のこの日の最高気温は20.4度で、4月中旬並みの暖かさだった。【平野光芳】

【写真特集】写真満載 さくら情報2010

【関連ニュース】
【写真特集】これはきれい 写真でみるさくら便り
【天気予報】花見には 全国の天気
桜の開花日:どこが的中? 3機関の予想出そろう
余録:開花予想は花盛り

幹部公務員83人が勧奨退職=政権発足半年で−政府答弁書(時事通信)
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で−長妻氏(時事通信)
【あれから、15年 地下鉄サリン事件】(5)心救われない被害者(産経新聞)
JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)

妖怪たちが「ゲゲゲの女房」PR(産経新聞)

 水木しげるワールドの妖怪たちが26日、千代田区大手町の産経新聞社に来襲、NHKで29日から始まる連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」を勝手にPRしていった。

 現れたのは水木さんの故郷・鳥取県境港市で平成18年から毎年行われている妖怪そっくりコンテストで優勝、特別賞を獲得した子泣き爺(じじい)、ぬらりひょん、猫娘の面々。「ゲゲゲの女房」を盛り上げて、鳥取県が実施している妖怪キャンペーンの成功につなげようと、妖怪たちが応援を買って出た。

普天間移設2案「沖縄を愚弄」激怒する地元(読売新聞)
徳之島移設などに反対=地元知事・町長ら(時事通信)
「勝ち進むことが恩返し」 敦賀気比の故小林繁さん教え子 センバツあす初戦(産経新聞)
「要求拒否なら辞任も」民主・生方副幹事長(読売新聞)
雑記帳 「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)

センバツ 開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)

 21日に開幕する第82回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の開会式リハーサルが20日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。青空の下、ユニホームを着た出場32校の選手らが、しっかりとした足取りで行進を練習。12日間の熱戦に向けて気持ちを新たにした。

 リハーサルは午前10時にスタート。入場行進曲「My Best Of My Life」が演奏され、各校の生徒代表はプラカードを持って先導する道筋を確認した。

 選手宣誓する北照(北海道)の西田明央(あきひさ)主将(3年)はセンバツ旗を持った各校主将に囲まれ、力強く、言葉を確かめるように練習していた。【田辺一城】

<クロマグロ>「再提案なく承認される」農相が見通し(毎日新聞)
青森市の元副市長が談合主導 28社に課徴金2億9000万円(産経新聞)
八ツ場ダム湖面橋の建設継続=住民の意向に配慮−前原国交相(時事通信)
給与未払い、阿久根市の敗訴確定へ(読売新聞)
<日本芸術院賞>洋画の山本文彦氏ら9人 09年度受賞(毎日新聞)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵事務所
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
情報商材
サイドビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    とろろいも (01/17)
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/11)
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    ソルバルウ (01/05)
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    サキューン (12/31)
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    リョータ (12/26)
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    パイン (12/12)
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    ポロネーゼ (12/03)
  • 横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
    さもはん (11/25)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM